症状と治療法

春日TT-AH施術手法
(玉垂療法)

※文中での表現は玉垂療法(たまたれりょうほう)としています。

玉垂療法 症状と治療法
[スポーツ傷害編]

概論 III肩や腕に力を入れると肩腕がシビレ、痛い!

症状

この傷害は腱板炎で、転倒による肩強打が原因で起き、柔道、相撲、レスリングなどの格闘技を始め、ラグビー、サッカーなど転倒の可能性のある競技なら、どの競技でも発症します。この傷害は肩峰下包と三角筋下包が関節腔から分離されにくくなり上腕の外転開始が阻害された状態であり、肩腕を動かすと痛みやシビレが出ます。

玉垂療法

玉垂療法はこれらをしっかりと把握し、速やかに終息させます。

詳細

玉垂療法では肩甲上腕リズムの回復を速めるため、肩甲胸郭関節の円滑な動きを当該筋代謝力の復元で果たし、不都合の解決は元より速やかな競技復帰を果たさせます。

このページのトップへ