症状と治療法

春日TT-AH施術手法
(玉垂療法)

※文中での表現は玉垂療法(たまたれりょうほう)としています。

玉垂療法 症状と治療法
[スポーツ傷害編]

概論 Iテニス選手とフィールドホッケー選手の腰痛症

症状

どちらも中腰姿勢を多用する競技ですが、腰痛発症の原因は全く異なります。テニス選手の腰痛は中腰姿勢から伸展姿勢へ身体を移す動作の多用により身体を支える脊柱起立筋群の腱が機能低下した結果、腰痛症を発症させます。それに対しフィールドホッケー選手はスティックさばきをしながら競技の始めから終わりまで殆どが中腰姿勢であり、腰痛症は概ねその姿勢に対応する筋肉のオーバーワークにより発症します。

玉垂療法

玉垂療法では、テニス選手の腰痛症に対しては脊柱起立筋腱の制御機能回復を中心に据えた脊柱起立筋代謝力復元を行い、この腰痛症を終息させます。又、フィールドホッケー選手の腰痛は主に側屈系筋肉の伸展力を回復させながら腰部内転筋の筋代謝力を復元させ、この腰痛症を終息させます。

詳細

このページのトップへ