症状と治療法 [スポーツ傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]

概論 Ⅲ

指が曲がり、指に力を入れると痛い!

症状
この傷害は屈筋腱炎で、指先を使い過ぎると発症します。その面では腱鞘炎と原因が似ているのですが、症状は全く異なります。屈筋腱炎は文字通り屈筋への負荷が原因で指に生じる傷害であり、腱鞘炎は伸筋への負荷が原因で背側手根腱鞘から手首に生じる傷害です。同じ指先の過度の使用であっても、この両者の違いは全く異なる指使いにあります。
玉垂療法
玉垂療法では前腕屈筋群の筋代謝力復元と骨間筋の筋代謝力復元を同時におこない指背腱膜や腱間結合を緩めます。さらに関節並び合わせ術により指の曲がりを矯正し、この傷害を終息させます。
詳細
屈筋腱炎は指を屈曲位から伸展位に転じる動作の多用から発症し、腱鞘炎は伸筋位から屈曲位へ転じる動作の多用で発症します。それゆえ、この傷害はバレーボール選手やボーリング選手に多発します。

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]