症状と治療法 [スポーツ傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]

概論 Ⅲ

腕を動かすと肩関節の中が痛く、可動範囲も狭い!

症状
この肩痛はテニス選手やバドミントン選手によく見られ、これらの競技選手の肩をよく見ると、利き手方の肩が多少前方に飛び出ています。これは肩関節を前方から補強している上関節上腕靭帯、内側関節上腕靭帯、下関節上腕靭帯などがその分、緩んでいることを現しています。
玉垂療法
玉垂療法では関節並び合わせ術や関節力軸の補正で肩関節の円滑な動きを確保し、当該筋筋代謝力を復元させ終息させます。
詳細
肩関節はソケット関節で靭帯結合が無く、前方からはこの三靭帯で補強されており、又、上方からも烏口上腕靭帯で補強されています。これらの靭帯に強いストレスが継続的にかかると、やがて関節包の一部である腋窩陥凹と呼ばれるヒダの働きが低下し、腕を外転位で強く使うと肩に痛みを発します。この傷害は四十肩と似た症状ですが中身は別物で典型的な肩の捻挫です

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]