症状と治療法 [スポーツ傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]

概論 Ⅱ

ヒザが腫れ、水もあり、ヒザが曲がらず、ヒザ関節が痛い!

症状
この傷害は圧倒的に靭帯損傷が多く、殆どが側副靭帯の過伸展か断裂でラグビー選手に多発します。原因はランニング中にタックルを受けることです。ラグビー選手がタックルを受ける時はトップスピードで走っている時か、ステップで方向を変えようとしている時が多く、この姿位はヒザ関節が最も無防備な状態です。このタイミングでまともにタックルを受けると受傷します。
玉垂療法
玉垂療法では断裂、過伸展に関わらず、ヒザ関節を動かそうする時に邪魔をする血腫やリンパ液による筋線維接着とそれにより生じた筋拘縮を取り除くため、ヒザ関節運動関与の全筋群の代謝力を復元させ、さらに関節力軸を合わせ、ヒザ関節可動域を拡げ、この傷害を終息させます。

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]