症状と治療法 [スポーツ傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]

概論 Ⅱ

走っても、止まってもヒザが痛い!

症状
このタイプの傷害はバスケットボール選手に多発するヒザ痛症で前後十字靭帯の炎症が数多く見られます。この原因のひとつに競技施設床面の固さがあります。通常、これらの靭帯の傷害は強く急激な力が不意に関節にかかった時に起き、その際、ともすれば半月板損傷やこれら靭帯の断裂を伴うことが多いのですが、バスケットボール選手は靭帯断裂まで行かず、炎症、もしくは膝内水腫に留まるケースが多数です。
玉垂療法
玉垂療法では、ヒザ下にある総腓復筋、ヒラメ筋、足底筋、腓骨筋、前脛骨筋、後脛骨筋などの代謝力を復元させ、ダッシュ、ストップや急回転などで生じるモーメントの速さや床面からの反発力に、これら筋群が対応し得る状態をつくり、さらに下肢筋群の重心移動力の向上を両股関節面、両ヒザ関節面、両足関節面の力軸を揃えることでかなえ、このヒザ痛を終息させます。

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]