症状と治療法 [スポーツ傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]

概論 Ⅱ

ジャンプ着地でヒザが痛い!

症状
この傷害は膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)と呼ばれ膝蓋骨(ヒザのお皿)と脛骨を結ぶ膝蓋靭帯に炎症が生じており、バレーボールの選手に多発します。原因はジャンプ着地時に床から受ける衝撃を大腿四頭筋が吸収しにくくなった事です。人が床から受けるジャンプ着地の衝撃は、両足着地なら問題ないのですが、片足着地の場合だと非常に大きな力が膝蓋靭帯にかかります。従って、この傷害は圧倒的に片足着地癖のある選手に発症が見られます。
玉垂療法
玉垂療法では、大腿四頭筋が伸筋である特徴から、この筋の運動許容量を決定する大腿屈筋群の代謝力を先ず復元し、次に関節並び合わせ術を用い、ヒザ関節面と足関節面、股関節面の力軸を合わす事で大腿四頭筋の伸筋機能を回復させ、この傷害を終息させます。

玉垂療法 症状と治療法 [スポーツ傷害編]