症状と治療法 [一般傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [一般傷害編]

そこそこ歩くと足首が痛くなり、足首の周りが腫れてくる!

症状
この症状は足関節軸の不整合が原因で起きます。足は9つの関節で造られ又、連結していますが、これらの関節の中で、いずれかの関節面が他関節に比べ小さくなっていると少しの運動量でも足関節全体がオーバーワークになりやすく、足首周辺に痛みや腫れを発します。
玉垂療法
玉垂療法では足を内に向かわす下肢内転筋群の筋代謝力を復元させ、そのうえで関節並び合わせを用い、これらの筋群の捻れと足関節の歪みを正すことにより痛みを解消させ、この傷害を終息させます。
詳細
原因で最も多いのは過去の捻挫後遺症です。何年か前に捻挫し、普段は腫れもなく見た目も普通なのにヒールを履きデパートなど、買い物でそこそこ歩くと足首に腫れと痛みを生じるのが、この傷害の特徴です。

玉垂療法 症状と治療法 [一般傷害編]