症状と治療法 [一般傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [一般傷害編]

手のひらがシビレ指が痛い!(手根菅症候群)

症状
この傷害の多くは手根菅症候群と呼ばれる進行性の傷害です。
胸郭出口症候群を発症したにも関わらず、有効な治療を受けなかった方が、次にこの傷害を発症させるケースを多々見受けます。
玉垂療法
玉垂療法では胸郭出口の圧迫要因である小胸筋の筋代謝力を復元し次に手根管を覆う屈筋支帯を関節並び合わせで拡げていきます。この屈筋支帯は線維性靭帯であるため、正中神経の開放はかなり早期に達成でき、それにより手のひらの痛みとシビレを解消し、この傷害を終息させます。
詳細
手根管とは手のひらの付け根にある骨線維性のトンネルでその中に五本の指の腱(屈筋腱)と手のひらの運動機能を司る正中神経が通っていますが、この管が何らかの原因で狭くなると全ての腱が締め付けられることになり、指に強い痛みを発するばかりか、正中神経も同様な状態で圧迫されます。正中神経が圧迫を受けると手のひら全体の神経伝達が低下し、シビレが生じ痛みもさらに強まります。この傷害は親指の付け根にある膨らんだ部分(母指球)が痩せて来、やがてえぐれたようになるので見た目にもわかります。

玉垂療法 症状と治療法 [一般傷害編]