症状と治療法 [一般傷害編]

春日TT-AH施術手法(玉垂療法)

玉垂療法 症状と治療法 [一般傷害編]

お尻から足首、指先までチリチリとシビレ痛い!

症状
この場合のシビレや痛みは腰椎や仙椎から足先の方に向かって出ている大きな神経が何かによって圧迫を受けると生じます。
先ず考えられる傷害は腰椎椎間板ヘルニアです。次に考えられるのは椎間関節症です。いずれも器官損傷です。
玉垂療法
玉垂療法は腰椎椎間板ヘルニアに対しては背骨を深層部で支える脊柱起立筋群斜筋系の筋代謝力を復元させることで椎間板の内圧を下げ、それによりパスカルの原理で脱出した髄核が元に戻り、へルニア症状が解消されヘルニアは終息します。
又、椎間関節症は椎間関節の関節運動を決定する筋群の筋代謝力を復元させることで椎間関節の傾斜角度を補正し、それにより骨棘の神経適応を早めシビレと痛みの症状を解消します。
詳細
お尻から足首、指先までチリチリとシビレ痛い! この場合のシビレや痛みは腰椎や仙椎から足先の方に向かっている大きな神経が何かによって圧迫を受けると生じます。先ず考えられる傷害は腰椎椎間板ヘルニアです。次に考えられるのは椎間関節症です。いずれも器官損傷です。
この二つの傷害は極似した症状を発していますが発症原因が全く異なっています。腰椎椎間板ヘルニアの場合は椎間板内の内圧が上がり椎間板内から髄核と呼ばれる組織が脱出し、それが神経根と呼ばれる大きな神経に当たり、なおかつ押し込んでいる状態で圧迫し、シビレと痛みを生じさせています。他方、椎間関節症は腰椎から骨の棘が神経に向かって伸びて行き、それが神経に当たった時にシビレと痛みを発します。この二症の痛みは神経圧迫により発している事は共通ですが、侵害を受けている神経が異なるためシビレ症状の出方も少し異なります。腰椎椎間板ヘルニアはシビレの最先は親指側ですが、椎間関節症は小指側です。

玉垂療法 症状と治療法 [一般傷害編]